歯がために腹は鳴る

|

先日このコラムで書きましたが、最近歯医者さんに通院することになりました。現在、前歯の内側にバイキンが溜まっていて、週1、2回のペースでその部分のお掃除をしてもらっています。

先日も治療のため、午後6時くらいから診療を受けていました。いつものようにバイキンを取り除くため、私の右側からは先生が、左側からは助手の方が、私の口の中に視線を送り、先端が細い針のようなブラシで、前歯の内側をゴシゴシと磨いていました。
…そういえばいつも思うのですが、治療を受けているときは、目は開けているいるべきでしょうか、閉じているべきでしょうか?目を開けて、先生と目が合うのもなんなんで、最近は目を閉じるようにしています。
…話が逸れましたが、その日も目を閉じて、手を前で組み、お好きにしてくださいといった姿勢でその治療を受けていました。
すると、
「きゅるる~」
と、先生のほうから小さくお腹の鳴る音が聞こえてきました。そのときは、治療を受けている前歯に私も意識があったので、お腹の音もあまり気になりませんでした。しかしまた程なくして「きゅるる~」と聞えてきました。
ちなみに、こちらの歯医者さんは若くておキレイな方ばかりで、治療してくれている先生や助手の方も美人さんなのです。
そしてその後も何回か聞こえてきたのですが、その美人の先生がしきりにお腹を鳴らしていらっしゃるので、さすがに私も少し気になってきました。
するとその後、左にいらした助手の方からも「きゅるる~」と微かなお腹の音が聞えてきました。さすがに前歯に向けていた意識も、続けて聞こえるお腹の音に対して気になりだしてきました。美人先生のそばでお腹の音に耳を澄ませることなんてまずないので、少し表情がゆるんできてしまったのですが、そういうわけにもいかず、少しの間ぐっとこらえていました。
そうこうして、そのままお腹の鳴る音の話等には触れず、治療は無事終了しました。


さてその後よく考えてみると、過去に何件も歯医者さんに行ったことがありますが、よくお腹の鳴る音を耳にした記憶があります。これまでは男性の先生が多く、年齢も高めの方ばかりでしたので、お腹の音が聞えてもあまり関心はありませんでしたが、今回は若い女性の先生方ということもあり、妙にお腹の音が気になってしまったのですが、でも歯の治療中って、お腹の鳴る音をよく耳にする気がします。あの痛い思いをしたときの先生も、通うのがすごく遠かったときの先生もお腹を鳴らしていたことがありました。
腹が鳴る原因を考えてみると、今回の場合は時間帯が夕方だったということは影響していたと思います。またそもそも、治療中は先生のお腹に耳が近いということも挙げられます。思えば結構近い距離なので、普段は聞き取れないような小さな音でもキャッチしていることは考えられます。ただ診療する部屋の中では、クラシック等のBGMが鳴っており、歯を削るときの音なんかも響いているので、その中でお腹の鳴る音を聞き取っているわけです。しかしそれ以外は、部屋は扉が閉まっていると余計な音はあまり入ってこず、しんとしているのでちょっとした音が聞こえやすいのかもしれません。あとはひょっとしたら、「本屋に行くとトイレに行きたくなりやすい」みたいに、何かの作用で「歯の治療中は腹が鳴りやすい」のかもしれません。

よく分からない展開になってしまいましたが、「歯医者さんで治療を受けていると、なぜ腹の音をよく耳にするのか」についてのお話でした。

Coordinator Kunieda

 

© 2009 Chez Vous Co., Ltd. All Rights Reserved