『子育ては楽しい』Vol.9 「いま」

|

子育ての「いま」の中でも、最後はちょっと精神的な「いま」のお話です。保育園や幼稚園などのお迎えのときに、いつもはそんなことを言わない子が「抱っこ!」とか「おんぶー!」とか言うことがあります。そんなとき、すんなり「はいはい…」と抱っこやおんぶをしてあげることは現実的になかなかむずかしいかもしれません。たいていの場合は、「何言ってるの!もうお兄ちゃんでしょ。」、「ママはくたびれているんだから…自分で歩いてちょうだい。」、「足があるでしょ」などとついつい言ってしまいがち。


でも実は、そんなことを言う子どもは、ただのわがままではなく、その日、園などで何かがあった…という事が多いもの。友だちとケンカした、先生に叱られた、悲しい出来事があった、頑張り過ぎて疲れてしまった、などなど。帰る時間まで、その子なりにがんばって過ごし、やっと大好きなひと(ママやパパ)に会えて、ちょっとホッとしたい気持ちなのでしょう。決して家まで抱っこやおんぶで帰ろうなんて思っているわけではないことがほとんどで、ちょっとの時間、ギュ~ッと抱き締めてもらったり、おんぶでペタッと背中にくっついたり、要求が満たされれば割とすぐに気が済むものです。


夕食作りの最中に、静かにテレビを見ていた子が、突然、近付いてきて、「抱っこー!」などと言って困らせる時も、よくよく観察してみると、テレビのお話しが、寂しい場面や悲しい場面だったりすることがあります。そんな時、「忙しいからあとで!」と言わず、一度お料理の火を止めて、ほんの少しの時間、抱っこでお話ししてみませんか。安心した子どもは、落ち着いて、近くに座ってニコニコしながらお料理する様子を見ていられるかもしれません。


子どもが、心の安心基地である大好きなひとの『ぬくもり』を必要としている時、ほんの少しの時間と気持ちを用意して、『大丈夫だよ』の抱っこやおんぶに付き合ってあげる。これが子どもにとっては特別な魔法の力となって届きます。そんな不思議なステキな魔法、たくさんかけてみてくださいね。


チャイルドケア アドバイザー さいとうなおこ

「Safety First」をモットーに

|

さて、シェヴでは、今年度より改めて『Safety First(第一に安全)』をモットーに、シッターの研修制度の強化や、皆さまお一人お一人の保育(シッティング)内容の見直しによるリスクコントロールに努めてまいります。その第一弾としまして、先日、専門インストラクターによるセイフティー・コントロール研修『Safety First (第一に安全)に自信をもつために』を開催いたしました。

シェヴのシッターは、今後、定期的にこうした小児救急や応急手当の実技研修に積極的に参加し万が一に備え普段のシッティングに生かして参ります。

「一度 このようなセミナーを受けてみたいと思っている」、というお客様のお声を受けて、シェヴ主催の、乳幼児のファーストエイドセミナー(お客様向け)を企画する予定でおりますので、追ってご案内申し上げます。

チャイルドケア アドバイザー さいとうなおこ

『子育ては楽しい』Vol.11 「まもる」

|

前号で子どもの"安全"について書いたことをきっかけに、子どもの安全や危険についてお話しをする機会があり、子育てにおいて、子どもの危険への関心が高いことや、漠然とした不安を感じながら、しかし、必要な情報を得られずに子育てをしている方は意外に多いことを感じました。

シェヴでも今年は「安全・安心」をモットーにしていますので、この話題をもう少し詳しく取り上げてみようと思います。

子どもたちが安心して成長できる安全な環境を作るには、どうしたら良いのでしょうか。

まずは、子どもを取り巻く"危険"にはどんなものがあるかを知り、子どもを危険から守り、少しでも子どもの安全度を高める対策を考えていきましょう。

少々リアルな話題になりますが…最近の子どもをとりまく"危険"には…

事故 
交通事故、家庭内の事故(けが、やけど、誤飲)、水辺の事故、エレベーターや自動ドアの事故、公園などの遊具の事故など

災害 
地震、火災、水害、台風など

犯罪 
誘拐、通り魔、強盗、空き巣、殺人、毒物混入、テロ行為、ストーカー行為、強姦、非行(飲酒、喫煙、ドラッグ、恐喝)など

いじめ
虐待 いじめ、校内暴力、体罰、学級崩壊、虐待(身体的、心理的、性的、ネグレクト)など

病気 
感染症、小児喘息、子どもの生活習慣病、熱中症、食中毒、乳幼児突然死症候群、アレルギー、心の病気など

環境問題 地球温暖化、電磁波、環境ホルモン、食品添加物、農薬、衛生管理、その他(カラス・ネズミ・ハチによる被害)など・・・と、さまざまです。また、これらは、互いにからみ合うことも多いので、ひとつだけにこだわらず、全体を把握して、バランスよくいろいろな視点から子どもを見守ることが必要です。 いくつかの具体的な方法を次号でお伝えしようと思います。新しい学期がスタートしました。子どもたちが安全に楽しく毎日を過ごせますように…。

チャイルドケア アドバイザー さいとうなおこ

『子育ては楽しい』Vol.10 「安全」

|


子育てにおいて、子どもの安全を考えることは、当たり前なことのようではありますが、そのむずかしさは時代とともに少しずつ変わってきているのかもしれません。一口に子どもの安全…といっても、交通安全や地震・火災などの防災に加え、危険を回避しなくてはいけないことには、水の事故、ケガや火傷、誤飲などの事故さらには最近は子どもを狙った犯罪など、いろいろなことが含まれます。

子どもをとりまく環境は変化しています。交通量は増え、安全な遊び場所は減り、事故や犯罪も複雑になり、大きな災害も起こっています。

子どもの安全は、大人が子どもを保護するとともに、子ども自身も自己の危険回避能力を身につけることが大切です。

何か起こってからでは間に合いません。ぜひご家庭でも、時々安全について考え心がけてみてください。新学期を迎えるにあたり、ご家族で一緒に歩いて交通ルールや危険な場所の確認をしてみたり、災害時の家族の集合場所や約束の再確認をしたり、身近な、本当に役立つ”安全”について見直してみてください。(我が家の安全マップなどを作ってみると良いかもしれませんね…役に立つ&結構楽しいです!)

シェヴでもスタッフは、事故や犯罪の予防や、小児救急(子どもが何かを飲み込んでしまい気道が詰まってしまった時の異物除去法や、万が一の時の小児用の心配蘇生法などの専門インストラクターによるトレーニング)など、安全に対し更に徹底していくつもりでいます。

子どもたちが安心して成長できる安全な環境を作れるよう願う今日この頃です。

チャイルドケア アドバイザー さいとうなおこ

『子育ては楽しい』Vol.8 「いま」

|

その二 ~ いまだ! ~今回は、前回の『今頃かな・・・』にくらべ、もう少し瞬間的な『いま』のお話しです。私たちは、子育てのいろいろな場面で常に、"適切な『いま』"を見極めるために神経を使います。
子どもというのは、日々、成功や失敗をくりかえし、たくさんのことを学んでいきます。大人にはわかっているからと、はじめから正解を教えてしまったり、先に失敗や危険(もちろん"ある程度の危険"です!)を回避してしまったりしては、子どもの経験やチカラにはなりません。また、子どもは、一度インプットした指示を撤回、訂正するのはむずかしいものですから、できる限り一回で、適切な言葉で、伝えることも大切です。


そこで、頭をフル回転し、最も効果的な援助や助言、注意のタイミング「今だ!」を探りながら、常にどきどきしているわけです。


でもこれは、慣れてくると、日々の子育てにもうまく応用できて、大人が楽をできるようになります。
例えば・・・子どもと一緒にお出かけをする時に、何度も何度も「さあ、出かけるわよ!」と叱っても、決してうまくはいきません。いつも、出かけることを知らせたらテキパキと支度をし(もちろん子ども自身にも出来る範囲で準備をしてもらいます)本当に出かける瞬間に一度だけ「さあ。出かけましょう」と言い、すぐに家を出ます。すると、子どもの中で「出かける」の意味や時間のイメージがはっきりします。
出かけると言ったらすぐに出かける・・・とイメージする子どもは、「さあ、もうすぐ出かけましょうね」と言ったらすぐに、自分でサッサと支度をし、おいて行かれぬよう準備をするようになるのです(笑)。
子育てのコツは、メリハリとタイミングです。「いまだ!」を見極めて、子どもの反応を楽しんでみてください。

チャイルドケア アドバイザー さいとうなおこ

『子育ては楽しい』番外編 「お正月休み」

|

このお正月休みのことです。街ではたくさんのお子様連れのご家族を見かけました。あるコーヒーショップで、私の隣の席に、ご両親、それぞれスリングで子どもを抱っこした4人の家族が席につきました。パパが抱っこしてきた1歳くらいの女の子はママの隣にちょこんと座り、ママが抱っこしてきた赤ちゃんはパパのお膝の上に座りました。


そのご両親は、上手に子どもたちの面倒をみながら、お茶を飲み、楽しそうにお話しをしていました。耳に聞こえてきた会話は…パパ「さっきは、子どもの靴が落ちた時に、教えてくれた人がいてよかったよ。」ママ「うん。今までも何度かそうやって助かってるのよ。ありがたいよね。」


しばらく、のどかな、温まるような会話をして、ちょうど子どもたちがもぞもぞと飽きてくる頃、ご両親は「さて!そろそろ行きますか。」と、また子どもたちを絶妙なコンビネーションで、それぞれのスリングにすっぽりとしまい、仲良く帰っていきました。


駅のホームで、電車を待っている3人家族がいました。ちょっぴり酔っ払っている?パパが家族みんなに言いました。パパ「では問題です!パパはママをお姫様抱っこできるでしょ~か?」次の瞬間、なんと!パパはママと女の子を二人一緒に抱っこで持ち上げたのです!ママ&女の子「きゃあ~」そこは駅のホーム…もちろん周囲の注目の的でした。


さまざまな家族模様、お正月休みっていいな…とほのぼのとした一日でした。「子育てはたのしい」シリーズのお話は…来月から再開したいと思います。


今年も、楽しい子育てを応援したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


チャイルドケア アドバイザー さいとうなおこ

『子育ては楽しい』番外編 「お正月休み」

|

このお正月休みのことです。街ではたくさんのお子様連れのご家族を見かけました。あるコーヒーショップで、私の隣の席に、ご両親、それぞれスリングで子どもを抱っこした4人の家族が席につきました。パパが抱っこしてきた1歳くらいの女の子はママの隣にちょこんと座り、ママが抱っこしてきた赤ちゃんはパパのお膝の上に座りました。

そのご両親は、上手に子どもたちの面倒をみながら、お茶を飲み、楽しそうにお話しをしていました。耳に聞こえてきた会話は…パパ「さっきは、子どもの靴が落ちた時に、教えてくれた人がいてよかったよ。」ママ「うん。今までも何度かそうやって助かってるのよ。ありがたいよね。」

しばらく、のどかな、温まるような会話をして、ちょうど子どもたちがもぞもぞと飽きてくる頃、ご両親は「さて!そろそろ行きますか。」と、また子どもたちを絶妙なコンビネーションで、それぞれのスリングにすっぽりとしまい、仲良く帰っていきました。

駅のホームで、電車を待っている3人家族がいました。ちょっぴり酔っ払っている?パパが家族みんなに言いました。パパ「では問題です!パパはママをお姫様抱っこできるでしょ~か?」次の瞬間、なんと!パパはママと女の子を二人一緒に抱っこで持ち上げたのです!ママ&女の子「きゃあ~」そこは駅のホーム…もちろん周囲の注目の的でした。

さまざまな家族模様、お正月休みっていいな…とほのぼのとした一日でした。「子育てはたのしい」シリーズのお話は…来月から再開したいと思います。

今年も、楽しい子育てを応援したいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

チャイルドケア アドバイザー さいとうなおこ

 

© 2009 Chez Vous Co., Ltd. All Rights Reserved